大阪のクリニックでしわ治療を受けました

きっかけは子供が描いた私の似顔絵

私はこれまでに何度か大阪のクリニックでしわ治療を受けたことがあります。
私がしわ治療を受けようと思ったきっかけは、子供が描いた絵を見た時のことです。
私は30代で結婚をしたのですが、なかなか子供に恵まれず、ようやく妊娠することができたのが40歳の時でした。
子供が小学校にあがり、初めての参観日にわくわくしながら学校に向かいました。
教室に入ると子供たちが描いた母親の顔の絵が後ろの掲示板に飾られていました。
みんな上手だなあと思いながら我が子がかいた私の絵を見て、私は本当にショックを受けました。
子供が描いた私の顔のおでこには、三本のしわがしっかりとえがかれていたのです。
家に帰ってから子供に聞くと、先生がお母さんの顔のことを思い出して詳しくかくように言ったから、しわも書いたということでした。
確かにほかのお母さんたちよりも老けているかもしれませんが、その絵を見た時にまるでおばあちゃんを描いたのではないかと思い、本当にショックを受けました。
これをきっかけに、私はしわ治療を受けようと決めたのです。
事前にどのような治療が受けられるのかインターネットで調べてみました。
さまざまな方法があることがわかりましたが、さすがに顔にメスを入れる手術は、怖くてできません。
そこで私の目に留まったのがボトックス注射と呼ばれるものです。
これなら気軽に施術が受けられるかもしれないと思い、次にクリニックを探しました。
クリニックを探す際に、やはり自宅の近くだと誰かに会ってしまうのではないかという思いが強く、最寄りの駅から二駅ほど離れたクリニックを選びました。

ママを描いたの〜!と長女が嬉しそうに似顔絵見せに行ったのに妻が真っ先に おでこの皺は?ほうれい線は?大丈夫? とおかしな質問してる。

— 我が家の女三人 (@waga_onna3) 2013年9月20日

きっかけは子供が描いた私の似顔絵 / しわ治療のメカニズム / カウンセリングの重要性